免疫細胞治療について

当院の免疫細胞治療

免疫細胞治療は、細胞工学や分子免疫学など最先端の科学に基づいた先進的な治療で、患者様ご自身の免疫力を高めることでがん細胞を退治します。 血液中には免疫に関わるさまざまな細胞が含まれており、それぞれがんに対する働きや役割が異なります。 また、一人ひとり顔が違うように、がん細胞もさまざまな個性を持っています。

免疫細胞治療はその個性に合わせ、個々の患者さんに適した「個別化医療」として行うことが可能です。 免疫細胞治療は、樹状細胞ワクチン治療と活性化自己リンパ球治療とに分けられます。 さらにその作用を組み合わせた再発予防に対してエビデンスが示された自己がん抗原刺激型CTL治療 (AKT-DC治療)があります。

免疫細胞治療は、手術のように腫瘍を物理的に取り除いたり、放射線治療のように焼失させたりといった即効性はありませんが、 徐々に免疫力を回復・強化し、がん細胞を攻撃することでQOLを維持しつつ治療効果が期待できる治療法です。

樹状細胞ワクチン治療

患者様の血液中の単核球を体外に取り出し、その中の単球を培養して樹状細胞に分化させます。 分化させた樹状細胞に、がん細胞の目印(抗原)を覚えさせてから体内に戻す治療法です。 体内に戻した樹状細胞がT細胞に攻撃対象となるがんの特徴を伝えることで、T細胞は体内に存在する同じ特徴のがんを攻撃します。 患者様のがん細胞を用いて直接特徴を覚えさせることが一番確実ですが、それができない場合は人工的につくった特徴を覚えさせます。 患者様のがん細胞の特徴と異なる目印を覚えさせても効果は期待できませので、樹状細胞に覚えさせるがんの目印(抗原)が最も重要となります。

樹状細胞の英語表記(Dendritic Cell)の頭文字からDC(ワクチン)治療と呼ばれることもあります。

当院の免疫細胞治療
ペプチド細胞感作型 樹状細胞ワクチン

人工的に合成した抗原(抗原ペプチド)を用いて樹状細胞に抗原提示させる治療法です。 患者様のがん細胞がなくてもがんの目印である抗原を提示させることが可能です。

一般的なペプチドを用いた樹状細胞ワクチン治療は治療前にHLA型検査で患者様のHLA型を特定します。 その結果次第では、適用不可となる場合もあります。 当院は独自技術によりHLA型のクラスⅠとクラスⅡの双方をカバーしていますので、 HLA検査の必要もなく、どのHLA型の患者様でも治療が可能です。

腫瘍内局注 樹状細胞ワクチン

樹状細胞ワクチン治療はアフェレーシスで採取した単球を樹状細胞に分化(成熟樹状細胞:mDC)させて、がん抗原を提示させます。 分化途中の樹状細胞(完全に成熟していない樹状細胞)を未熟樹状細胞(imDC)と呼びます。この未熟樹状細胞を腫瘍内に直接注入する治療法です。

未熟樹状細胞は貪食(細胞を食べて取込む)機能をもっています。 未熟樹状細胞を腫瘍内に直接注入すると、患者様自身のがん細胞を食べながら成熟し、そのがんの抗原を提示します。 自己がん細胞感作型と同様、患者様ご自身のがん細胞から抗原提示しますので、高い効果が期待できる治療法です。

自己がん細胞感作型 樹状細胞ワクチン

手術等で採取した患者様ご自身のがん細胞を用いて樹状細胞に抗原提示させる治療法です。 体内に存在するがんの抗原を覚えさせるので、腫瘍内局注樹状細胞ワクチンと同様に高い効果が期待できます。

当院ではがん細胞の採取はできませんので、他の病院での手術時等に主治医に了承のもと、 患者様ご自身のがん細胞をご用意していただく必要があります。

HLAとは?

HLAとは「ヒト白血球抗原(Human Leukocyte Antigen)」の略で、白血球の血液型のことです。

この一般に用いられているA型、B型、AB型、O型などの血液型は赤血球の血液型を指します。 輸血などの際、赤血球の血液型が一致している必要があります。造血幹細胞移植や臓器移植の場合、 「適合するドナーが見つかった」などと表現されますが、この場合、「患者様のHLA型に適合するHLA型を持ったドナーが見つかった」ということです。 自分のHLA型に合わないものは免疫機能がすべて異物と判断して攻撃してしまうため、移植にはHLA型の適合性が重要となります。

免疫細胞治療においては、がん細胞がもつHLA型と一致した抗原を治療に用いることで、 体内の免疫細胞にがん細胞を認識させることが重要です。

HLA型は主に2つのクラス(クラスⅠとクラスⅡ)に分かれ、それぞれがさらに3つに分かれます。

樹状細胞ワクチン治療ではクラスⅠのHLA型(A, B, C)をターゲットとすることが一般的ですが、 当院では独自の技術によりクラスⅡのHLA型(DR, DQ, DP)もターゲットとすることが可能となりました。

※HLA型は上記6種類がさらにA24,B61,DR4等、更に細分化されており、総数は約16,000種類と言われています。

当院の免疫細胞治療 当院の技術では、すべてのHLA型に対応

活性化自己リンパ球治療

患者様から採取した血液からリンパ球やNK細胞を分離し、活性化・増殖させ、体内に戻すことでがん細胞を攻撃させる治療法です。

主に、リンパ球に含まれるT細胞(αβ型のTリンパ球)の活性化が一般的です。 がんに対抗する免疫細胞にもいくつか種類があり、患者様の症状やがんの性質によって活性化させる細胞を使い分ける場合もあります。

αβ(アルファベータ)T細胞やNK細胞などを主に活性化させる場合、 αβT細胞治療、NK細胞治療という呼び名で呼ばれます。

当院の免疫細胞治療
αβT細胞治療

がんに対する攻撃力が強いT細胞を活性化する治療です。リンパ球を構成するT細胞の9割以上がαβT細胞です。 一般的に活性化自己リンパ球治療というと、そのほとんどがαβT細胞治療です。

患者様から試験管3本程度(約24cc)の血液をお預かりし、その中からTリンパ球を分離し、体外で2週間程度培養、強力に活性化させます。 数十億個以上に増やし患者様の体内に戻すことでがん細胞を攻撃させる治療法です。

NK細胞治療

患者様の体内から取り出したリンパ球のうち、がん細胞を攻撃するために抗原を必要としないNK(Natural Killer)細胞を培養して、体内に戻す治療法です。 NK細胞は年齢と共に細胞数が減少します。さらに、多くのがん患者様はNK細胞の働きも低下していることが判明しています。 本来のNK細胞が持つがん細胞への攻撃力を取り戻させ、細胞数を増やして体内に戻すことでがん細胞を退治します。

これまでは、NK細胞を増殖させても染色体に異常が生じることがあり、安心して利用できる技術は確立されていませんでした。 当院が採用した新たなNK細胞の培養法は、この問題点を解消した安心できる技術です。

NKT細胞標的治療

NKT細胞(ナチュラルキラーT細胞)はT細胞の中でも、T細胞とNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の両方の特徴を持つ自然リンパ球の1つで、 がん細胞を直接攻撃し、さらに体内の免疫系の細胞活性を高める作用もあり、高い抗がん効果を持ちます。

NKT細胞は、がん抗原を提示するHLAの発現が消失したがん細胞を見つけて攻撃するNK細胞と、 HLAを発現するがん細胞を攻撃するT細胞を同時に活性化できるため、高い抗腫瘍効果が期待されています。

NKT細胞が優れているのは、がん細胞を攻撃するだけではなく、がんを攻撃するキラーT細胞やNK細胞などのリンパ球を活性化したり、 樹状細胞を成熟させるなど、免疫系の細胞群に対し、総合的に活性化させる「アジュバント(補助)作用」を持ちます。

当院の免疫細胞治療

そこで、NKT細胞標的治療では、NKT細胞が特異的リガンドを提示した樹状細胞により活性化されるメカニズムを利用して、 患者様から採取した単球を樹状細胞に分化させ、特異的リガンドを取り込ませた樹状細胞ワクチンを患者様に投与します。

自己がん抗原刺激型CTL治療(AKT-DC治療)

AKT-DC治療は、千葉県がんセンター木村秀樹博士のもとで国の認めた先進医療として臨床研究され、がん治療として提供されてきました。 肺がんの根治手術を施された患者様に対し、手術時に切除した所属リンパ節を用いて自己のリンパ球を増殖・活性化させ、強力にCTL (細胞傷害性Tリンパ球)を誘導する治療法です。

がん所属リンパ節には患者様ご自身の複数のがん抗原を提示している樹状細胞が自然に存在しており、 これらの抗原提示により増殖してくるキラーT細胞を中心に治療に用います。

増殖したリンパ球の多くが、がん細胞を特異的に認識したCTLとして活性化されています。

術後の再発予防として理想的なテーラーメイド型の個別化免疫細胞治療と言えます。

当院の免疫細胞治療