免疫細胞治療について

免疫細胞治療とは

免疫細胞の役割

免疫の役割は「異物を排除すること」ですが、それを実現するために免疫細胞達がそれぞれの役割を果たしています。 主な役割として、異物を攻撃するリンパ球、リンパ球に異物の特徴を知らせる樹状細胞やマクロファージなどがあります。 リンパ球はさらにT細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などに分類されます。

T細胞

体内に侵入した異物や異質な細胞(がん細胞など)を攻撃する細胞で、免疫機能の重要な役割を担っています。 胸骨の裏側にある胸腺(Thymus)でつくられるので、頭文字のTをとってT細胞と名付けられました。 Tリンパ球とも呼ばれています。T細胞は機能毎にヘルパーT細胞、キラーT細胞、制御性T細胞などに区分されます。

ヘルパーT細胞

異物の特徴を知らせる(抗原提示)細胞と協力して、どのように免疫機能を発動させるかコントロールする役割を担っています。 ヘルパーT細胞はTh1細胞とTh2細胞に分類され、Th1細胞は、キラーT細胞を増やして攻撃力を高めたり、NK細胞に異物の情報を伝えます。 Th2細胞は、B細胞を刺激して抗体をつくらせる働きがあります。

キラーT細胞

抗原提示細胞とヘルパーT細胞からの指示を受け、異物(がん細胞など)を攻撃し、排除します。 その性質から細胞傷害性T細胞とも呼ばれています。 、正常な体では過剰な免疫反応を抑えるよう制御的に働きます。

制御T細胞

抗原提示細胞、ヘルパーT細胞とキラーT細胞の働きを制御します。 過剰な免疫反応は自己免疫疾患や炎症性疾患、アレルギー疾患などを引き起こすことになります。 レギュラトリーT細胞(Treg細胞)とも呼ばれ、正常成体では過剰な免疫反応を抑えるよう制御的に働きます。

免疫細胞の役割
NK細胞

NKはナチュラル・キラー(Natural Killer)の頭文字が名前の由来で、 その名の通り生まれつきの殺し屋で常に体内をパトロールして、 異物やがん細胞などを見つけるとすぐに攻撃し排除しようとします。 キラーT細胞とは異なり、他の免疫細胞からの攻撃命令がなくても異物を攻撃します。

免疫細胞の役割
樹状細胞

樹状細胞は血液に運ばれ体中に存在しており、異物を見つけると自分の中に取り込み、その特徴(抗原)を覚えます。 覚えた異物の抗原をT細胞に伝える(抗原提示)ことで、T細胞はその異物に対し攻撃を開始します。 細胞の表面に樹木の枝のような突起物を持つことから樹状細胞と名づけられました。

免疫細胞の役割
B細胞

体内に侵入した異物を排除するために必要な免疫グロブリンという抗体を作り出す役目を果たします。 骨髄(Bone marrow)でつくられるので、頭文字のBをとってB細胞と名付けられました。 B細胞の一部は、体内に長く残るため、同じ病原体が再び侵入しても、迅速に抗体をつくります。 これがいわゆる「免疫がつく」といわれる現象で、予防接種にも応用されています。

マクロファージ

アメーバ状の細胞で、体内に侵入した異物や体内に発生した変性物質を自らの細胞内に取り込み消化する体内の掃除屋的存在です。 貪食細胞・大食細胞とも呼ばれています。 消化した異物の情報を他の免疫細胞に伝える(抗原提示)機能もあります。