免疫細胞治療について

免疫細胞治療とは

がんと免疫細胞の関係

がん免疫細胞治療を理解するには、「がんと免疫細胞」の関係を知ることが重要です。

私たちの体は37兆2000億個の細胞で構成されていると言われています。 これらの細胞が毎日細胞分裂を繰り返し、細胞は新しいものと入れ替わっています。 通常であれば細胞分裂により全く同じ細胞が作られますが、分裂時のコピーエラーにより突然変異を起こして、異常な細胞が生まれることがあります。 この異常な細胞ががん化・増殖し、がんの塊となると、やがてがんとういう病気になります。

実は正常な細胞のがん化は稀なことではなく、毎日約5000個のがん細胞が発生していると言われています。 免疫細胞が発生したがん細胞を異物(非自己)と認識して排除しているため、 がん細胞が発生したからといて必ずがんになるということはありません。

※5000個というと多いと感じられる方もいると思いますが、私たちの体を構成する細胞の総数が約37兆個ですから、 74億個に1個のエラーが発生する確率です。ちょうど地球の全人口が約74億人です。 全世界でたった1人に該当する確率と思えば、非常に低い比率であることがわかってもらえると思います。

しかし、突然変異を起こしたがん細胞が、何らかの理由で免疫細胞の監視をくぐり抜けて増殖をはじめると、 免疫細胞が抑えきれずにがん細胞がどんどん増殖し、やがてがんという病気になります。 この状態になると自身の免疫力(自然治癒力)だけでは、がんを退治することはほぼ不可能になります。

また、がん細胞には免疫を抑える力(免疫抑制機能)が備わっており、 がんに侵されたほとんどの方は健康な人に比べて免疫機能が弱くなっています。 退治する力は弱められ、増殖する力はどんどん強くなっていきます。 その結果、がん細胞の増殖速度を加速することになります。

  • がんと免疫細胞の関係

    1.正常な細胞分裂

  • がんと免疫細胞の関係

    2. 異常細胞も絶えず発生

  • がんと免疫細胞の関係

    3. 通常は免疫細胞が排除

  • がんと免疫細胞の関係

    4. 異常細胞の増加力が上回ると、がん化

免疫細胞治療とは、患者さんの弱まった免疫機能を取り戻す(強化する)ことで、がん細胞を退治することを目的としています。 患者様ご自身の免疫細胞を対外に取り出して、培養・活性化(場合によっては増殖)させ、 患者様の体内に戻すことによってご自身の免疫力を高める治療法です。