新型ウイルスの予防について

インフルエンザ等、既知のウイルスに対してはワクチンが製造されており、事前に接種することで感染症を引き起こす確率が劇的に低下することが知られています。しかし、新型のウイルスに対してはワクチンが存在していないので、もともと個人のもっている免疫力で抵抗することになります。従って基礎疾患があり免疫力が低下している人は、感染してしまうと重症化する確率が上昇してしまいます。では新型のウイルスに対して、我々は無力なのでしょうか。個体が新型ウイルスに対抗する手段について、とりうる可能性を考えてみます。

哺乳類の体内に感染してくる異物として、細菌とウイルスが病的症状を引き起こす大きな原因となっています。哺乳類に備わっている免疫系がその排除の役割を担っていますが、細菌排除の機構とウイルス排除の機構では、免疫細胞の働き方が異なっています。その大きな差異が生じる原因となっているのが、細菌は細胞内に侵入することはありませんが、ウイルスは細胞に侵入してから、悪行を行う点にあります。

免疫系の司令塔となっている細胞は抗原提示細胞(Antigen presenting cell: APC)とよばれ、APCが細菌の侵入を察知した時には、液性免疫が作動してB細胞に抗体を大量につくる指令を行います。細菌に特異的な抗体が大量につくられると、その抗体が細菌に結合して無力化していきます。
一方で、APCがウイルスの侵入を察知した時には、細胞性免疫が作動して細胞傷害性T細胞(Cytotoxic T lymphocyte: CTL)を大量に増幅させる指令を行います。これは細菌感染の場合と異なり、細胞外のウイルスに抗体が結合するだけでは、感染症を完治させることができないからです。ウイルス感染細胞を特異的に攻撃するCTLが働くことで初めてウイルス感染細胞を殺傷できるようになり、完治へ舵を切ることがます。また、通常は細胞表面のMHC(ヒトの場合はHLA)という蛋白質がウイスルの目印を提示しますが、ウイルスが感染したことが原因でMHCの発現が消失してしまうことがあります。このような場合には、CTLが感染細胞を見逃がしてしまうことになります。しかしCTL以外にもう一種類強力な細胞傷害性をもつ細胞があります。その細胞は、NK(Natural killer)細胞と呼ばれています。NK細胞はMHCを消失した細胞を協力に殺傷するように働きます。

癌化した細胞と同様に、ウイルス感染した細胞を排除するには、細胞性免疫を強化してCTLやNK細胞を働きやすくする必要がある訳です。人為的に細胞性免疫を強化する方法として利用できるのが、免疫細胞治療と呼ばれている治療法です。既知のウイスルに対しては、抗原(目印)として認識されるウイルス由来の蛋白質が明確になっているので、この抗原を利用した樹状細胞(Dendritic cell: DC)ワクチンが利用できます。新型ウイルスに対しては抗原特異的なワクチンが利用できないので、非特異的に細胞性免疫の力を強める方法をとることになります。

以上の背景から、利用可能な免疫細胞治療としてあげられのは、NKT細胞標的ワクチンNK細胞治療αβT細胞治療が考えられます。これらの細胞治療の利用を希望する場合には、専門の医療機関で相談して、細胞の種類を決められることをお勧めします。