免疫細胞治療について

免疫細胞治療とは

私たちの体にはウィルスや細菌などの外敵から身を守る「免疫」という自己防衛機能が備わっています。 免疫は自分自身(自己)でないものが体内に入ると、異物(非自己)とみなし、攻撃し排除します。 私たちの体に発生するがん細胞も非自己とみなされ、免疫の働きにより日々排除されています。

免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2つに分類されます。 自然免疫はその名の通り、誰にでも生まれつき備わっている免疫機能です。 獲得免疫は生まれつき備わっておらず、病原菌に感染した後で体内に備わる免疫機能です。 同じ病原菌が体内に侵入した際、その情報をもとに免疫機能が働きます。 インフルエンザの予防接種は、この獲得免疫を利用した予防法です。 免疫細胞治療は「自然免疫」を強化し、「獲得免疫」としてがん細胞の情報を覚えさせて撃退する治療法です。

免疫機能は主に血液に含まれる白血球がその役割を担っています。 白血球の中には、リンパ球(T細胞・B細胞・NK細胞など)や単球(マクロファージ、樹状細胞)、顆粒球などが存在します。 これらの細胞を総称して「免疫細胞」と呼ばれています。

免疫細胞治療とは、患者様ご自身の免疫細胞を対外に取り出して、 培養・活性化(場合によっては増殖)させ、体内に戻すことによって 患者様ご自身のがん細胞への攻撃力(免疫力)を強化する治療法です。

がん免疫細胞治療について

手術や抗がん剤治療、放射線治療といった、 いわゆるがんの三大標準治療が外力でがん細胞を攻撃する治療法であるのに対し、 免疫細胞治療は本来私たちの体に備わっている自然治癒力(免疫力)を利用する治療法です。

免疫細胞治療は、がんの三大標準治療との併用による相乗効果、 集学的治療(2つ以上の治療方法を組合せて行う治療)の基盤となる医療としても期待されています。

がん免疫細胞治療について